クレジットカードから借り換えまで

クレジットカードから借り換えまで

以前の「はじめての、〜」のコマーシャルでもお馴染みであるように、初めてクレジットカードを申し込むという人にも優しいと評判の消費者金融「アコム」。 クレジットカードなどで有名なアコムが扱っているキャッシングのための商品はいくつかありますが、「借換え専用ローン」もそのうちの一つです。

借換えとは、他の消費者金融からの借金を、より金利が低いものに換えることを言います。 具体的には、金利がより低い方の借金で高い方の借金を完済させ、あとは金利が低い借金のみを返して行くということになります。 これによって、利子の支払い負担が減ることになります。

いまでこそ、消費者金融の貸付利率も低いものとなりましたが、「はじめての、〜」が全盛期の頃は、現在よりも10パーセント以上高い金利となっていました。 1パーセントの金利の差でも、元金が大きければ大きいほど、“無駄に”支払っている利子分は相当な額になって行くのです。 ですから、1パーセントでも低い商品で借換えが出来るのなら、乗り換えた方が断然おトクになるのです。

現在クレジットカードの他にアコムが扱っている、借換え専用ローンなら貸付利率は実質年率として7.7パーセントから18.0パーセントで設定されています。 実際は、元金が1〜100万円未満なら7.7〜18.0パーセント、100〜300万円なら7.7〜15.00パーセントとなっていますが、場合によっては、借り換えによって金利が10数パーセントも軽減されます。

また、この商品では、返済期間が長くなっているのも特徴です。 金利が低くても長期間支払うことになれば、その分利息の支払いも積もり積もって行くことになりますが、とにかく毎月の支払いの負担が軽くなることが最大のメリットです。

2010年の貸金業法の改正で盛り込まれた総量規制は、利用者の借り過ぎ、多重債務問題を減らすという目的があります。 一般に、毎回の返済が困難になり、そのために別のところから借金を繰り返した結果、借り過ぎ、多重債務という状況に陥ってしまいます。 そのため、より金利が低く、なおかつ返済期間を長期間にすることで、毎回確実に支払って借金を減らして行くことが出来るようになるのです。

そして実際、このような借換えローンは、総量規制の対象となっています。 つまり、年収の3分の1には、この借換えローンは含まれないということです。 そのため、1人でも多くの人に貸してこそ商売が成り立つアコムをはじめとする消費者金融各社は、クレジットカードのみならず借換えローンを積極的に販売しています。